2017年4月からドイツ語の学習を始めました。
まったく、本当に、何もわからない未知の言語!
アルファベットのアー、ベー、ツェー、デー・・・は、そういえばピアノを習っていたときに言ってたな、というくらいの超初心者です。40代でゼロから新しい言語を身につけることは果たして可能なのか…?身をもって実験してみたいと思います。

音声記録の動画は下記バナーからどうぞ。

ドイツ語学習チャレンジ企画はバナーに集約しました

言語ってある程度習得してしまうとその過程がどうだったかあまり覚えていないんですよね。
日本語はもちろん気がつけば話せるようになっていたわけですが、娘がローマ字と英語で混乱しているのを目の当たりにして、私はどうやって区別してきたのだったっけ?ともう完全に忘れ去っています。 子供が体験する小学校でのALT英語学習にはじまり、わたし自身が仕事において直面する諸々の課題などから言語について今まで以上に考える機会が増えました。

英語はもはやゼロからとは言えずどうにか伝える術があるけれど、ドイツ語はまったくもってお手上げ状態です。母国語以外の言語に深く関わることがなかった私でも今から他言語でコミュニケーションがとれる程度には習得ができるのか?その学習経緯をリアルタイムでお伝えしたいと思います。

なぜドイツ語?

考え方や思考を整理して多くのモノ・コトを抱えすぎずに生きていきたい、と考えいろいろな暮らしを参考にしていた時期、非常にシンプルな思考と生活スタイルが根付いているドイツの生活にとても興味を抱きました。

無駄なく機能的で美しいプロダクトの数々、家庭のキッチンは恐ろしく綺麗でシステマティックですよね。(料理をしないという噂も…!?) また、日本独特の疲弊する働き方が各方面で問題視されている今、きっちり公私を区別して長期休暇を取得し人生をおおいに楽しむことで知られる国でもあります。

そのような思考はどこから来るのか、よい面だけが一人歩きしているのか、本当に彼らは暮らしを楽しんでいるのか、そんなことにも興味があり言語を学ぶこともヒントになるのではないかと思っています。

2017年10月からドイツベルリンに渡独し暮らしをスタートしました。
ドイツベルリン~海外留学でも海外移住でもない「海外で暮らすこと」

学習ツール・テキスト

NHKまいにちドイツ語 入門編

語学学習の王道!NHKラジオ講座。 NHKラジオ講座は、インターネットでストリーミング配信されているのでパソコンやモバイルでも受講できます。「NHKマイ語学」に登録すると、無料で一週間分の放送を聴くことができます。

ただ、私はすでに放送が終わっているものを自分のペースで進めていきたいと考えました。2016年4月の放送は女性講師でトピックも楽し気だったのでこれに決定。 テキストは半年分6冊購入しました。

自分の学習スタイルにあわせてCD付か雑誌のみかは選択するとよいかも。テキストは、NHK出版で定期購読も申し込めるし、過去の分をまとめて購入もできます。

NHK語学テキスト 試し読みもできるので買う前にストーリーをチェックできます。 NHK出版 https://www.nhk-book.co.jp/

学習記録の構成

学習のポイント

この講座は全72回の講座で5回分のスキットを毎回復習するように構成されています。 それにあわせて、復習単位で記事を投稿する予定ですが区切りがよいところで投稿する場合もあります。ドイツ語独特のルールや主に日本語や英語と対比してへえ~と思ったことなどを記します。スキットを書いたり学習した単語などを書くことは想定していません。それはNHKさんのお仕事なので!

学習の感想&音声レポート

その時感じたことや、自分のモチベーション状態などを書いておきます。 さらにその時点の音声を残すことで、スピーキングの変化がわかるようにしておきます。
練習問題を復唱する際に録音します。自分の発音を客観的に聞くとダメダメなのがよくわかるので発音練習に生かせるのではないかと。また音による記憶は音程や強弱、リズムで比較的長く定着します。(昔偶然見たNHKスペイン語講座の一節が未だに口からでるくらい耳の記憶はすごい)ここに記録はしませんが、学んだ文章のライティングも並行しますので、インプットは目と耳、アウトプットは手と口で。記録や音声を晒すことである意味後に引けない状態に追いこんでいるともいえます。

半年後にめざすゴール

言語習得に完璧なゴールってないでのはないでしょうか?
突き詰めていくほど深く、日本語だってまだまだわからないことがたくさんあります。 なので、どの程度話せるようになりたいのか、具体的な目標を設定してスタートします。
日常会話というとかなりアバウトでさらには一番難しい分野だと言われますが、私の場合は以下を習得することをまずは目指します。

  • 自己紹介ができる
  • 店で買いものができる
  • はじめて出逢う人とごく簡単な会話が楽しめる
  • 自分が言えることを書くことができる

ある程度社会経験を積み、子供の成長を見守りながら自分に少しずつ時間を投資できるようになった40代の女性は、今までどうだったかではなく、これからどう生きるかが今後の人生を左右する鍵になると思っています。

まわりの目や忠告に惑わされず、40代だからこそできる今まではできなかったけれどやりたかったこと、やってみたいと思うことを素直に挑戦していきませんか?

これも以下の記事でお伝えしたチャレンジのひとつ。
結果はどう転ぶかわかりませんが、挑戦する過程も楽しんでいきたいと思います!

みなさんも新たに挑戦したこと、挑戦したいことがあれば、ぜひ教えてくださいね。

個別相談キャンペーンはメールマガジンご登録者限定でご案内しております。最新情報をお受け取りになりたいかたはこちらからご登録ください。
「ライフシフトデザイン通信」登録はこちら