語学学習の基本~アルファベット・数字・挨拶

ゼロからはじめる語学学習チャレンジ企画の第1回です。
前回はなぜこんな挑戦をするのかのプロローグだったのでこれが初めての記録になります。

なぜ、40代からの語学学習に挑戦しているのか?
[音声記録付]40代がゼロからはじめる語学学習に挑戦!

今週の学習したポイント

  • アルファベット
  • 0~12までの数字
  • 挨拶をする

英語と同じアルファベットでも読みがかなり違う!

アルファベットの読み方が独特なのでしっかり覚えないといけないですね。
英語と同じように聞こえるものもあるけど、微妙な違いまではおそらく私は聞き取れない。
「J」の発音は[jɔt]ヨットに近いので、日本はジャパンでなくてJapan(ヤーパン)になる。

ドイツ語独特のウムラウト

時々見かけることがあったこの記号は「ウムラウト」というのね。
Ä/ä  Ö/ö  Ü/ü 

uとeが組み合わさると「Ü」
oとeが組み合わさると「Ö」
aとeが組み合わさると「Ä」


今週のボイス記録

ウムラウトは顔にしか見えない… Ä/Ö/Ü 娘がさっそく顔文字を書いてました笑。
日本語は母音が続く言葉でも難なく言えますが、外国の方は「青い家(あおいいえ)」とか発音が超難しいらしい。「いえいえ、青い家の上です。あおいいえ!」なんてとっても言いにくいんでしょう。(たまには語学学習のストレス発散に言わせてみたいですね)


※あくまでも学習経緯の記録として公開しています。発音の参考にはなりませんのでご了承くださいね。

個別相談キャンペーンはメールマガジンご登録者限定でご案内しております。最新情報をお受け取りになりたいかたはこちらからご登録ください。
「ライフシフトデザイン通信」登録はこちら