ゼロからはじめるドイツ語(音声付記録)の第2回です。
前回は基本中の基本、アルファベットと12までの数字、挨拶を学習しました。

なぜこの企画をやっているのかは、最後にありますのでよろしければご覧ください。
それでは行ってみましょう!

今回の学習したポイント

  • 名前を聞く/言う
  • はい/いいえ
  • 否定・訂正する(名前を訂正する)
  • 自分の所有を伝える(それは私のものです/ではありません)

ドイツ語は基本的にローマ字読み

英語と違って綴りと発音が大きく乖離することはなく基本的にローマ字読みです。
名前は “Name” 英語と同じ綴りだけど「ネーム」ではなくて「ナーメ」という感じ。

ドイツ語の名詞は頭が大文字!

文中にあっても名詞は大文字
どれが名詞かわかりやすいですね。
でも名詞が圧倒されるほど長い!

Bitte/Entschuldigung は利用度が高そう

「え?」「なんですか?」「どうぞ」などに “Bitte” を使ってます。
「すみません」は “Entschuldigung” ながすぎる~。


今回のボイス記録

Entschuldigung…って長っ!! 
Excuse me と同じだから利用頻度めちゃくちゃ高いのにこんなの覚えられない!
…と最初面喰ったのですが、何度も出てくるのでそれなりに耳で覚えられるものです。

Wie ist Ihr Name? (What is your name?)
Mein Name ist XXXX. (My Name is XXXX.)

今のところ英語と語順も音感も似ていてわかりやすい。さすがゲルマン系。
英語と対比したほうが頭に入りやすいのか!?


※あくまでも学習経緯の記録として公開しています。発音の参考にはなりませんのでご了承くださいね。

個別相談キャンペーンはメールマガジンご登録者限定でご案内しております。最新情報をお受け取りになりたいかたはこちらからご登録ください。
「ライフシフトデザイン通信」登録はこちら