ゼロからはじめるドイツ語(音声付記録)の第8回です。
前回は探しているものを尋ねるについて学習しました。

なぜこんな企画をやっているのかは、最後にありますのでよろしければご覧ください。
それでは行ってみましょう!

今回の学習したポイント

  • 食事の感想を伝える

「〇〇をどう思いますか?」

Wie finden Sie [4格の名詞]

Wie finden Sie den Wein?
ワインをどう思いますか?=ワインはいかがですか?
Der ist sehr lecker.
(それは)とてもおいしいです。

味をたずねる

Wie schmeckt [1格の名詞]

Wie schmeckt der Wein?
このワインはどのような味がしますか?
Der schmeckt sehr gut.
(それは)とてもおいしい味がします。

お店のひとに聞かれたら?

Hat es geschmeckt?
美味しかったですか?
Ja, sehr gut.
はい、おいしかったです。

試食を勧められたら?

Probieren Sie mal!
ちょっと試してみてください!
Lecker!
おいしい!

今週のボイス記録

sehr lecker! ゼアレカ! 「美味しかったです!」

この言葉、さっそくカフェやインビス(屋台)で使ってます。
すると、お店のひとが満面笑顔になります。

日本ではレストランのお会計であまり言葉を交わしませんが、私は「美味しかったです」とひとこと添えるようにしていました。(もちろん本当に美味しかったときに!)ちょっとびっくりされることもありますがやはりお店の人はなんともいえない笑顔になるんですよね。

ここベルリンでは、「お金を払う=客」という意識ではなく、「美味しかったよ!ありがとう!」「おおそれはよかった!」という感じの自然なコミュニケーションがとても気に入っています。


※あくまでも学習経緯の記録として公開しています。発音の参考にはなりませんのでご了承くださいね。

個別相談キャンペーンはメールマガジンご登録者限定でご案内しております。最新情報をお受け取りになりたいかたはこちらからご登録ください。
「ライフシフトデザイン通信」登録はこちら