オンライン海外送金「TransferWise(トランスファーワイズ)」を使ってスピード、手数料ともに満足したので、今回はその登録方法を画像付きでお伝えします。スゴイと思った経緯はこちらの記事をご覧くださいね。

[海外送金]TransferWiseは隠れコストなし!手数料が明瞭すぎる
※追記:2018年3月15日より日本から海外への送金手数料が変更になっています。
アメリカドル、カナダドル、オーストラリアドル、ユーロなどは従来よりもさらに安く送金できます。
※通貨によって変更影響が相違しています。

 

なにげに嬉しい機能、相手の受取り額を固定できる「為替レート保証デポジット」の記事も追加しました。 【海外送金】TransferWise(トランスファーワイズ)なら受取り額を固定できる!
 

TransferWise 登録から送金までの流れ(サマリー)

スマホでももちろん登録できますが、ここではパソコンの画像を使って説明していきます。
なお、対象者は日本に住所がある日本に在住する方を対象としています。

用意するもの

振込先の銀行口座番号、正確な口座名義

マイナンバー「個人番号カード」を持っている人
 マイナンバーカードのみ

マイナンバー「個人番号カード」を作っていない人
1)顔写真付き本人確認書類※
2)マイナンバー「通知カード」またはマイナンバー記載「住民票の写し」(発行3カ月以内原本)

※1)顔写真付き本人確認書類とは
  ・運転免許証 (表面、裏面の両方)
  ・日本国パスポート(所持人記入欄は日本語で記載)
  ・在留カード(表面、裏面の両方)
  ・住民台帳基本カード(表面、裏面の両方)
  ・運転経歴証明書(表面、裏面の両方)
  ・特別永住者証明書(表面、裏面の両方)
※日本で発行された本人確認書類以外では認証手続きを行えません。

登録~送金までのアクションフロー

 

  1. TransferWiseにアカウントを作成する
  2. 送金する金額と通貨を入力する
  3. 自分の名前、生年月日、電話、住所を登録する
  4. 受取人を登録する
  5. 本人確認書類をアップロードする
  6. レート保証デポジットの返金先を登録する
  7. アクティベーションコードが郵送で届く(2~3営業日)
  8. アクティベーションコードを入力し本人と住所確認を完了させる
  9. トランスファーワイズジャパンの口座に振り込む
  10. 入金完了まで待つ(1~3営業日。手続経過のメール連絡あり)

 

なお、初回の送金かつ、送金額が10万円以下の場合のみ、アクティベーションコードの郵送を待たずに本人確認のみで送金を行うことが可能です。

TransferWise 登録から送金までの流れ(画像付き説明)

TransferWiseにアカウントを作成する

TransferWiseトップページから「口座を開設する」を選びます。
※記事の一番下のボタンから登録すると最初の手数料がお得になります。

TransferWiseアカウント作成

メールアドレスとパスワードを登録してアカウントを作成します。
GoogleアカウントやFacebookのアカウントでも開設が可能です。
TransferWiseログイン画面

送金する金額と通貨を入力する

送金する金額と通貨を選びます。
transferwise送金金額

「個人口座からの送金」を選びます。
transferwise個人口座へ送金

自分の名前、生年月日、電話、住所を登録する

名前→苗字の順で「半角ローマ字」で入力します。
パスポートや免許証と同じ名前、綴りであることを確認します。
住所も都道府県名からローマ字で入力します。

transferwiseお客様情報

受取人を登録する

海外にいる相手に送金する場合は「その他」、自分の海外口座に送金する場合は「自分」になります。ここでは相手に送金するため「その他」を選びます。
transferwise受取人

口座名義人の名前は一字も相違ないよう設定します。
今回はユーロで振り込む選択をしたので「IBANコード」を聞かれています。
IBANとは、主に欧州で使われる所在国、支店、口座番号を特定する統一規格コードです。
IBANコードは相手にあらかじめ確認しておく必要があります。
※通貨をUSドルで指定すると「ルーティングナンバー」を聞かれます。これは米国における銀行コードです。
transferwise受取人口座登録

このあとは本人確認の認証が続きますので画面に従って進めます。

本人確認書類をアップロードする

1.1用意するものを参照に本人確認書類を手元に揃えます。
写真をとってパソコンに画像保存しておきます。「認証を開始する」をクリックします。
transferwise認証アップロード

もっとも簡単なのは「マイナンバー個人番号カード(写真付き)」になりますが、カードを作成していない人はマイナンバー通知カードをこのまま表面の「ファイルを追加」からアップロードします。別の書類をアップする場合は「別のドキュメントを選択する」から進めます。
※通知カードは裏面に住所変更が記載されていても表面だけでよい。
transferwiseマイナンバー通知

該当イラストの下に「アップロード済!」と緑のボタンが表示されます。
transferwise通知カード完了

続けて顔写真付き証明書を提出します。
運転免許証ならこのまま「ファイルを追加」から両面をそれぞれアップロードします。
transferwise免許証

該当イラストの下に「アップロード済!」と緑のボタンが表示されます。
transferwise免許証完了

登録した日本の住所がローマ字で表示されます。
この画面の「次へ」ボタンを押さないと、アクティベーションコードが郵送されません
transferwise住所表示

この画面が出たらOKです。
transferwise認証完了画面

レート保証デポジットの返金先を登録する

「次へ」で進めると、レート保証デポジットの返金先を求められます。
受取人が送金額を満額受け取るために、多少の保証金を上乗せして振り込みます。
送金後余剰額は指定の銀行口座に返金されます。
このときの銀行口座は、送金時に使う銀行口座と同じものを指定します。
transferwiseデポジット

最後に送金内容の確認が表示されます。
この時点で編集から振込額を変更することもできます。また、受取人へのメッセージも添えられます。あとは、トランスファーワイズ・ジャパンから郵送が届くのを待ちましょう。
transferwise送金内容確認

アクティベーションコードが郵送で届く(2~3営業日)

通常2~3日でトランスファーワイズ・ジャパンから郵便が届きます。(土日祝は含みません)
手紙の中に4桁のアクティベーションコードが記載されています。
transferwise郵送

アクティベーションコードを入力し本人と住所確認を完了させる

TransferWiseにログインします。
トップ画面にこのようにアクティベートを促す表示が出ています。
手紙に記載された4桁のコードを入力して「アクティベート」ボタンをクリックします。
transferwiseアクティベート

前回の手続きがどこまで終わっていたかで表示される画面が変わります。
送金目的が表示された場合は、理由のプルダウンの中から該当するものを選びます。
transferwise送金目的

利用規約が表示されたらスクロールで日本語を一読します。
規約に合意するにチェックをれて「確認」をクリックします。
transferwise利用規約

再度送金内容の確認が表示されたら、金額、受取人を内容をチェックして「確認」をクリックします。

トランスファーワイズジャパンの口座に振り込む

トランスファーワイズジャパンの口座にどのような経路で振り込むか聞かれます。
私は新生銀行を利用しているので、「銀行振込」を選び、手数料0円でトランスファーワイズジャパンの口座に振り込みました。ネットバンキングを利用している人はATMに行く必要もなく海外送金が可能です。
この時点で「送金手続き(#XXXXX)の入金確認を行っています」のメールが届きます。
transferwise銀行振込

振込の際には、必ず振込名義人(自分)の名前と一緒にPからはじまる会員番号を入れます
会員番号を入れ忘れると送金に時間がかかる場合があるようです。
振込後は「振込を完了しました」をクリックしてTransferWiseに完了を知らせましょう。
しばらくすると、「送金手続き(#XXXXX)のご入金を確認いたしました」のメールが届きます。
transferwise振込

入金完了まで待つ(1~3営業日。手続経過のメール連絡あり)

「送金手続きを開始しました (#XXXXX) 」のメールが届きます。
TransferWiseのトップ画面にも「送金完了」が表示されたら相手に送金が完了です。
transferwise入金完了

TransferWiseトップ画面からは入金情報の詳細を記載したPDFダウンロードも可能です。
また、再度同じ相手に送金するボタンも表示されているので、定期的な送金を予定している場合は便利でしょう。

TransferWiseを使ってみて感じたこと

海外送金は自分に関係ないと思う方もいるかもしれません。
私も国際送金の用事がなければ別段関心を寄せなかったでしょう。

しかし、こうした画期的なサービスの存在が頭の隅にあるだけでも今後の姿勢が変わってくると思います。テクノロジーの進歩と共に若い世代の価値観がものすごい勢いで動いているのを感じるからです。

それでも日本でサービスが開始されたのは海外から比べるとずいぶん時間がたっています。見ているもの、感心を寄せているものがまったく違うと、知らないで過ぎ去っていくものがたくさんあるのだと思います。

仕事で言えば、モノ、お金、労働力などを横から横へ流してマージンで稼ぐというのは旧態のスタイルになっていくのかもしれません。その手の用事は人間の手からシステムに移行できるものも多いから。これからは本当にクリエイティブなことが仕事として求められていくのだと思います。大変は時代ですけど楽しみでもありますね。

TransferWiseを使ってみたい!と思った方はこちらからご登録ください。
わたしからの招待でご登録すると最初の手数料がお得になります♪

TransferWise(トランスファーワイズ)に登録する

個別相談キャンペーンはメールマガジンご登録者限定でご案内しております。最新情報をお受け取りになりたいかたはこちらからご登録ください。
「ライフシフトデザイン通信」登録はこちら