みなさんは新しいことにチャレンジするとき、
行動するまで時間がかかる慎重派ですか?
それともとにかくやってみる派ですか?

わたしは「とにかくやってみる派」です。

この効果は絶大です!
あなたがもし先を色々考えちゃう慎重派で
やりたいことがあっても行動できないなら
断然「とにかくやってみる」をおススメします。

そんな簡単に気持ちが切り替えられたら苦労しない!ですよね笑。
自分で気持ちを変えるのはわりとハードルが高いかもしれませんが
気持ちが変わる仕掛け」をすればそんなに難しいことではありません。

私の経験も含めてご紹介しますのでぜひトライしてみてくださいね。

「とにかくやってみる」ができるようになったわけ

私はもともとは行動を起こすまでにかなり時間がかかるほうでした。
よくいう「石橋を叩いて渡る」典型的な長女気質です。
とりあえず渡っておっこっちゃっても動じない妹の逞しさが羨ましかったです。

そんな慎重派のわたしが変わったのは、前職の会社に入ってから。

「主体性がないのはなぜ?主体的に生きる管理されないドイツの子供たち」でもお伝えしましたが、「主体性を発揮する」が企業の価値観のトップにあり、それと同時に「とにかくやってみる」という価値観が大切にされていました。

失敗をおそれずまず行動すること
必ず困難はあるがそれを超えたところにしか成功はない

そんな感じの内容で人事評価の対象にもなっていました。
一番最悪なのは「行動しないこと」とされていました。

こんなふうに明確に価値観が提示されていると
なにか決定する場面になっても
「よし、まずはやってみよう」と咄嗟に判断できるものです。
結果によって周りが責めるわけでもなく、
挑戦することを応援する空気がありましたので
私も色々とチャレンジさせてもらいました。

ここで面白いのは、
私の性格が急にかわったわけでも
気持ちを強く変えようとしたことでもないこと。

もうおわかりと思いますが、
おなじ価値観が共有された環境があったこと。
これが「とにかくやってみる」行動に移せた大きな理由です。

とにかくやってみて失敗したらどうするの?

とにかくやってみる。
とりあえずやってみる。

とりあえずってビールじゃないんだから🍺…って
以前のわたしはそんな感じでした。
準備もなにもしなくてやってみて
失敗するって自業自得じゃない?って。

軽率さを見下して上にいるかのごとく大きな勘違い。
お恥ずかしい…。

ひとによってどこまでが準備なのかそんなのわかりません。
心の準備がOKなら飛び込めるひともいるし
周りの道具までぜーんぶ揃えないと動けない人もいるし
行動するタイミングなんてひとにはわからないものです。

どんな結果になろうとも、自分が決断して行動した結果なら
わたしは失敗という概念はないと考えています。

ただ「これではうまくいかないんだ」ということがわかるだけ。

ひとつ、答えが明確になっただけ前進です。

「とにかくやってみる」行動が貴重な3つの理由

わたしが「とにかくやってみる」をおススメする理由はつぎの3つ。

1.結果が早くでる

あたりまえですが、
色々考えて行動できずにいるひとと比べて
先に動けば結果も先に出ます。
結果が早くでるということは何がよいのでしょうか?

2.改善が早くできる

その結果によって
この方法はうまく行くのか
あるいはこの方法ではだめなのか
効果がわかります。
ということは、次のアクションを決めることができますね。

3.悩まなくなる

次のアクションが決まったらすぐ動く。
動けば結果が早く出る。
その結果、効果があるのかないのかわかる。
そして次のアクションを決める。

行動することでつねに動きが必要になってきますね。
行動していると悩んでいるヒマはなくなります。

もし今あなたがなにかで悩んで時間が過ぎているなら
「行動が不足してるのかな?」と自分に聞いてみてくださいね。

「とにかくやってみる」ができる環境に行こう!

とにかくやってみると、次から次に行動を起こすことができる。
といっても自分の気持ちを切り替えるのって結構エネルギーがいりますね。

冒頭でもお伝えしましたが、
私が「とりあえずやってみよう」と思えるようになったのは
前職の会社文化が全体で共有されていたから。

何もしないよりも、やってみて失敗することが評価される環境でした。

慎重派の方が行動を起こせない本当の理由ってなんでしょう?

もし、うまくいかなかったらどうしよう…
周りからなんて言われるだろうか…
ばかにされてみじめになるのではないか…

とか、そんな感じでしょうか。

でもあらかじめ
この環境では失敗が評価されるんだとわかっていえば
肩肘張らずになんでも挑戦できますよね。

自分の気持ちを強制的に変えることにエネルギーを注ぐよりも
行動が自然とできる環境に身を置くことに集中しませんか?

まとめ

とにかくやってみる、ができないのは
やってみて失敗したらどうしよう、という気持ちがあるから。

失敗は「ダメだった」ことがわかる成功の元であること。
だからもはや失敗という概念はありません。

そしてまず動くことを評価してくれるコミュニティにいること
行動しないことより、まず動くことに価値を置く場所。

私はクライアントさんをはじめ
自分のコミュニティでは「とにかくやってみる」ことを大切に
どんな結果であっても常に応援する文化を創っています

そんなところ、自分の近くにあるかわからない。

もしそう思うなら
あなたがそのはじめのひとりになればいいだけです。

そうすれば、あなたの変化は宝ものになるはずです。
今悩んでいて動けなくても大丈夫ですよ。
応援しています。

個別相談キャンペーンはメールマガジンご登録者限定でご案内しております。最新情報をお受け取りになりたいかたはこちらからご登録ください。
「ライフシフトデザイン通信」登録はこちら