現在アンケートにご協力いただいています。
ご回答いただいたみなさまありがとうございます!

さて、そのなかにもある

「自分にできる自信がない」

これを選ばれるかたも多いですね。

昨日娘と話していて
自信がない状況が一瞬に変わる
気づきがありましたので
シェアさせていただきますね。

 

昨日は、学校の先生と個人面談でした。

娘は日本でいう中高一貫のような学校で
科目ごとに先生がいるのは日本と同じですが
個人面談は親が話したい先生を指定します。

担任とだけ面談というものではないんですね。
中学からドイツの通常クラスに合流したので
右もひだりもわからないことだらけです^^

わたしが指定したのは
担任(スペイン語)、英語、数学、ドイツ語。

娘との日常の会話から
得意と感じているもの、苦手と思っているもの
どちらも選んで申し込んでみました。

じつはドイツ語は
「絶対ネガティブ評価だから聞きたくない!」
と本人は言っていたのですが ^^;

ほんとうにネガティブな評価なのか
実際どんな先生か会ってみたいし
聞いてみたいという興味もありました。

お会いしてみたところ…

たしかに
歯に衣着せぬ単刀直入で
愛想がよいとはいえない
先生だと感じましたが

娘の改善できるところとあわせて
できていること、努力していることも
ちゃんと認めてくれていました。

帰宅してそのことを娘にはなすと

「信じられない~」
「ほめてるところ見たことない~」

と目をまるくしていました。

絶対ネガティブな評価というのも
思い込みだったと気づいたようです。

「できてないと思っていたのは
 自分だけだったみたいね~」

と笑って話しながら

「スペイン語は
 ばっちりで先生褒めまくってたよ~」

と得意なことも再確認できたようで
なかなか気分よくごはんを食べていました^^

「自分にできる自信がない」

というのも

できないことにフォーカスしすぎることが
原因で感じていることも少なくありません。

すでにできているものはなにか?

できるように努力していることはなにか?

フォーカスする視点を
ちょっと変えてみるだけで
一瞬で状況が変わります。

「視点を変える」+「ひとに聞く」

この効果はバツグンですので
ぜひ試してみてくださいね。

個別相談キャンペーンはメールマガジンご登録者限定でご案内しております。最新情報をお受け取りになりたいかたはこちらからご登録ください。
「ライフシフトデザイン通信」登録はこちら